2017年08月12日

No349 2017年半ば 週刊2誌の広告から


349-1 29.8 現代・ポスト広告.jpg

週刊現代、週刊ポストの2誌が仲良く並んだ、8月半ば夏休み2週間分の合併号の広告です。

ことしも半ばを過ぎ、この2誌の広告記事から、ことし前半のニュースや話題、トレンドを見てみました。


349-2 29.8 現代・ポスト広告.jpg

まずは週刊現代。

広告右側、買ってもらうための売り一番手記事は、「番記者に聞いた総理はいつやめるのか」です。“一強時代”が長期にわたりましたが、一年前には信じられないようなタイトルです。


また「北朝鮮をアメリカは空爆する」と、まるで戦争時代に突入するかのような文字が躍っています。100%非現実的ではないところが恐ろしい点ですがとこの記事を書いている最中、今度は北朝鮮がグアム島周辺へのミサイル着弾も辞さないと表明しました。

こちらも一年前には信じられないような出来事です。

首相の一強盤石体制の潮目が変わる可能性があること、アメリカと北朝鮮の軋轢が高まっていることが、ことし前半の最大事といえそうです。


そのほかは、定番のシニア世代向けの記事のオンパレードです。

「相続税」、「絶対に受けてはいけないガン治療」、「60歳からの〜」、「日本の4大女優」などのタイトルが並びます。女性グラビアは松坂慶子さん、関根恵子さん、風吹ジュンさん、竹下景子さんで、いわばアーカイブス版グラビア大会です。


349-3 29.8 現代・ポスト広告.jpg

次いで週刊ポストは…。

いきなり特大文字で「老前破産」です。

「相続対策」、「65歳になったらやってはいけない薬、手術、運動…」と続き、グラビア女優は何と50歳の南野陽子さんです。


この2誌はかつて働き盛りの男性社会人がメイン購読層でしたが、現在は記事のタイトルや登場する女性タレント名を見れば一目瞭然のように、かつての購買層、現在のシニア層が読者の中核をなしていることは明らかです。


実際にはシニア読者層が、購入組か立ち読み組かは定かではありませんが、両誌ともシニア層にとって有益な情報を提供していることは確かです。しかし一方でその内容からかえって心配や不安が増幅するのではないかと案ずる向きもあるかもしれません。


週刊誌はよく“時代の鏡”と言われますが、出版不況が続く時代にあって、出版社の商魂と読者の関心事がほどよくかみ合っているこの2誌は、まさに“時代の鏡”の役割を果たしているようにも思えます。



posted by 特急高尾号 at 22:28| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

No348 木造・木質空間 都会の鉄道駅にも


348-1 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

東京のJR山手線五反田駅から蒲田駅までを結ぶ東急池上線に、ホーム駅舎や屋根、腰掛などの全てを木製にした駅があると聞き、繰り出してきました。


348-2 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

運転室直後でかぶりついていると、予想をはるかに上回る木造空間の駅が目に飛び込んできました。


348-3-2 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

五反田駅からわずか3駅、5分の距離にある「戸越銀座駅」です。
348-8 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

348-5 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

屋根から壁面、腰掛にいたるまで、ホーム全体が木造・木質空間に仕立てられています。


348-7 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

ホームの改装は昨年12月に行われたということで、東京多摩地区の杉材がふんだんに使われています。

戸越銀座駅は戦前の昭和2年8月の開業ですが、それから90年が経過し、全く新しい都市のお洒落な木造・木質空間に生まれ変わりました。

348-9 京王高尾線高尾山口駅  29.7.13.jpg

こちらは東京多摩地区の京王高尾線高尾山口駅です。

平成21年にミシュランガイドブックの最高評価三ツ星を受けた高尾山の登山玄関駅です。

新宿から次々と特急電車がやってくるこの駅も、木質の空気感に包まれています。


348-10 京王高尾線高尾山口駅  29.7.13.jpg

改札内は、ここがまるで駅であることを忘れてしまいそうな、クラッシックコンサート会場にいるような雰囲気です。


近年は都市の公共施設、商業施設をはじめ、鉄道施設や観光特急列車内でも木造・木質空間が増え始めています。

このあと2020年には、東京のJR山の手線の新品川駅(仮称)や東京五輪のメインスタジアム新国立競技場も木質空間の世界で登場するということですから、今からとても楽しみです。


[撮影データ]

  〇東急池上線 戸越銀座駅

    京王高尾線 高尾山口駅

  〇平成29年7月


posted by 特急高尾号 at 11:08| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

No347 あれっ! 中が丸見え コインロッカー


347-19 冷凍コインロッカー 29.7.14.jpg

東京・渋谷のデパート地下食料品街で、大変珍しいコインロッカーと出会いました。

347-2 冷凍コインロッカー 29.7.14.jpg

ふつうコインロッカーと言えば、写真右のように扉は全面締切りとなっていて、中は見えません。
ところが常識を打ち破るこのロッカーは―。

347-3 冷凍コインロッカー 29.7.14.jpg

全部のロッカーに窓が付いていて、ご覧のように中身が丸見えでした。
“中身が見えていていい、いや見えていなければならない” といったように設置されているかに感じました。
私としては想定外、私のコインロッカーに対する常識、イメージを覆すものでした。

この窓付きコインロッカーの正体は、「冷蔵ロッカー」でした。料金はふつうのロッカーと同じ300円でした。

347-4 冷凍コインロッカー 29.7.14.jpg

手前は「冷蔵コインロッカー」、右はふつうのコインロッカー、その奥は食料品売り場です。
窓を付けて中身を見えるようにしているのは、きっと冷蔵ならではの機能維持や品質確保に必要な管理者の事情なのかもしれません。

もしかしたらデパ地下などでは当たり前の設備なのかもしれませんが、そうした所に足を踏み入れない私にとっては、大きな驚きでした。
「冷蔵コインロッカー」が通路にはみ出した故の光景でしたが、私にとっは珍しい光景との対面となりました。

[撮影データ]
  〇窓付き「冷蔵コインロッカー」
     東京・渋谷 東横のれん街入口脇通路
  〇平成29年7月


続きを読む
posted by 特急高尾号 at 18:31| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

No346 “東京・渋谷の雨ガエル”


346-1 渋谷スクランブル交差点.jpg

雨の日の、東京・渋谷のスクランブル交差点です。
京王線から東京メトロ・JR線へと通じる通路からは、交差点が一望できます。

346-2 渋谷スクランブル交差点.jpg

手前の電車の屋根と交差点を行き交う人々を絡めて撮影すると、ふつうでは考えられないこんな様子に…。
まるで電車が交差点に、今でも入りそうな光景です。

346-3 渋谷スクランブル交差点.jpg

地上に降りて、反対側から見た光景です。
電車は元東急東横線の5000型で、この地に保存、展示されています。
今では忠犬ハチ公と並んでこの地のアイドルとして、すっかり定着しています。

346-4 渋谷スクランブル交差点 29.7.19.jpg

この日の関東地方は不安定な天気で、ヒョウも混じった集中豪雨となりました。
因みにこの電車、鉄道ファンの間ではその風貌と色合いで、 “青ガエル” と呼ばれています。この日は “青ガエル” ならぬ “雨ガエル” として、渋谷の街を見つめていました。

[撮影データ]
 〇JR渋谷駅前スクランブル交差点
 〇平成29年7月19日

posted by 特急高尾号 at 00:15| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

No345 ドア上に注目! 地下鉄銀座線の大型モニター


345-3 銀座線車内情報モニター.jpg

東京の渋谷−銀座−浅草を結ぶ東京メトロ銀座線の車内です。ドア上にある、ビッグな情報モニターに出会いました・

ドアの上のモニターはふつう2画面ですが、この車両は3画面になっていました。
右の2画面が行き先や停車駅、駅ナンバーなどの運行情報、左の1画面が従来からの広告画面です。

運行情報の2画面は、別個のモニターが2つ並んでいるのですが、まるで1画面のように画像が連続して見えます。

345-2 銀座線車内情報モニター.jpg

こうすることで起点から終点までの全駅を、一部の駅を省略することなく一度に全部表示することが可能となりました。
都心を観光する外国人観光客にとっては、大変分かり易い親切画面、情報提供となっているようです。

345-4   銀座線渋谷駅 工事中 28.11.21 .jpg

東京メトロは、東京オリンピックまでに銀座線の各駅リニューアルを、またホームドアは来年度までの設置をすでに表明していますが、ドア上のこのビックな情報モニターも順次整備し、オリンピックに備えていくそうです。

345-1 銀座線車内情報モニター.jpg

首都圏の大手私鉄では、いまだ細長でLED文字だけの案内表示の車両も数多く走っていますが、この液晶モニター3画面の話しを鉄道会社で働く友人に話したところ、『東京メトロはいいよなぁ。全路線が都心を走り、ローカル線なんかなく、お金持ちだからなぁ…』 とぼやきの声が返ってきました。
  
乗客向けのドア上大型モニターのサービス強化策も、同業他社の担当者から見れば、垂涎の的に映るのかもしれません。

[撮影データ]
 〇東京メトロ銀座線 車内ドア上の液晶案内モニター
 〇平成29年5月・7月撮影

posted by 特急高尾号 at 00:22| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

No344 車内広告の世界(63) 平成29年6月


電車内の吊り広告や駅構内の広告ポスターは時代の空気を反映し、デザインやキャッチが最先端で見るものを飽きさせません。
そうした中から、毎月印象に残った作品を選んでお伝えしています。
今回は平成29年6月に出会ったポスターです。

344-1 29.6車内ポスター.jpg

『ざんねんなお知らせ』と書かれた囲みの中には、「スカンクはおならがくさいほどモテる」とあります。
楽し気なイラストと、ユニークで楽しいコメントに、ついつい惹きつけられてしまいます。

344-2 29.6車内ポスター..jpg

別の車両では同じ広告主が別の動物での小話を展開していました。
こちらは、「アライグマは食べ物をあらわない」とあります。

344-3 29.6車内ポスター..jpg

『えぇ〜っ』ということで、さらに別の車両に行くと、またまた…。
手帳で有名な高橋書店が「ざんねんな いきもの辞典」という書籍を発刊していて、その本の広告でした。
各車両ごとにシリーズの広告を出すという、乗客の気づきの楽しみもあり、『うまい広告だなぁ…』と思ったことでした。

「書籍も高橋 35万部突破!」と、元気のいいコメントも添えられていました。

344-4 29.6車内ポスター.jpg

お馴染み「ニトリ」の広告です。
最近は次々と都心のデパートなどに出店していますが、ついに渋谷の公園通りに進出です。

かつては郊外の私鉄沿線などでの展開が中心でしたが、最近は "破竹の勢い" まさにここにありといった勢いです。
『ついにここまできたか』という印象は、誰もが感じたはずです。

344-0 29.6車内ポスター.jpg

「ふれるたび、子どもは大きくなる。」とあります。

何のことかと思いきや、ことし5月にJR東日本が発足 30 周年を記念して立ち上げたこども向け体験学習型ツアーの広告でした。

この夏、漁業・農業・林業体験など 家族で楽しく学べる体験トラベルを展開し、鉄道に乗ってもらおうという算段のようです。

因みにこの広告は、私鉄電車内でのものでした。

344-7 29.6車内ポスター.jpg

344-8 29.6車内ポスター.jpg

夏の飲み物と言えば冷たいビールが筆頭ですが、これはお中元の広告2種です。
で、よく見ると上の飲料製造メーカーの広告は、女優さんが和服で風呂敷の手土産…、という昭和時代から続く典型パターンの広告。

それを販売する下のデパートなどの大型小売店の広告は、様々な商品写真と割引率を明示したパターン。こちらもまた伝統的な手法でした。

中元広告は、昭和の時代から何も変わっていない?!と言ったら、言い過ぎでしょうか。

344-9 29.6車内ポスター.jpg

344-10 29.6車内ポスター.jpg

344-11 29.6車内ポスター.jpg

本格的な夏を前に、電車内はビールに限らず冷たい飲み物の広告でいっぱいでした。

344-5-2 29.6車内ポスター.jpg

最後は、交通事業者や国交省が共同で展開している鉄道やバスでの事故防止キャンペーンの広告です。

駅構内やホームで障がいを持つ方やお年寄り、ベビーカーなどのお客様の事故が多いため、お客様同士でも優しい声掛けをと呼びかけるアピールです。
事故防止の最大インフラはホームドアの設置ですが、その点については肝心の鉄道事業者自身の温度差が大きいことも事実です。

[撮影データ]
 〇首都圏鉄道 車内等広告
 〇平成29年6月撮影


posted by 特急高尾号 at 22:27| Comment(0) | 車内広告の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

No343 京都で出会った"個性派ビル"


343-1 京都 木枠のビル 29.5.15.jpg

先月の京都旅行で、思わず立ち止まり、目を見張るビルと出会いました。
京都市繁華街の中心部、四条烏丸交差点近くでの出来事でした。

343-2 京都 木枠のビル 29.5.15.jpg

遠目に見えてきた茶系色のビル全体が、何やら他のビルとは異なる質感に感じました。

343-3 京都 木枠のビル 29.5.15.jpg

近づいて見てびっくり!。
窓ガラス以外のビル全体が、何と木材で覆われていました。

最近は緑化促進や環境に配慮ということで、外観の多くや屋上などを木々や植物で緑化するビルが目立ちますが、このビルはぐるり全体を木材で纏っていたのです。

343-5 京都 木枠のビル 29.5.15.jpg

343-4 京都 木枠のビル 29.5.15.jpg

地上9階建てのこの個性的なビルは、賃貸のオフィスビルでした。
新しい「京都らしさのカタチ」をコンセプトに、地元の間伐材を外壁や内装に多用した、木の特性を活かしたユニークな賃貸物件だったのです。
内部も新しいワークスタイルがコンセプトとなっていて、シースルーエレベーターを備えた吹き抜けや “空中路地”のような機能をもたせ、
「自然な心地良さ」を有しているということです。

さすが京都!と、私はこのビルの心意気と、「和」や「美」に対する京都人のこだわりに感服してしまいました。
"現代の京町家" とでもいうべき個性派ビルとの対面は、京の町ならではの旅の楽しさでした。

[撮影メモ]
  〇木材で覆われた第15長谷ビル
              京都市中京区烏丸通四条上ル笋町688
  〇第15長谷ビル コンセプトなど
       〇平成29年5月15日撮影

posted by 特急高尾号 at 17:04| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

No342 楽しさいっぱい、街角キャラクター


342-1 浅草バンダイキャラクター.jpg

東京・浅草の街を歩いていると、なんとも楽しい光景に出会いました。

342-2 浅草バンダイキャラクター.jpg

歩道に沿ったビルの敷地に、数多くの "有名キャラクター" たちが所狭しと並んでいたのです。

342-3 浅草バンダイキャラクター.jpg

近寄ってみると、キャラクター達は9体も−。

342-4 浅草バンダイキャラクター.jpg

342-5 浅草バンダイキャラクター.jpg

ポケモンやアンパンマン、ドラえもん、ウルトラマンなどは私にもわかりますが、初めて対面するキャラクター達もあり、全部の名前はわかりませんでした。
残念ながら、キャラクター達の名前や活躍の場所を記した案内はありませんでした。あまりにも有名すぎて、説明文以前のこと、ということなのかも知れません。
342-9 浅草バンダイキャラクター.jpg

実はここ、キャラクター玩具や模型などを扱う有名メーカーの本社ビルの敷地内でした。
県庁所在地の、JR駅前広場などではご当地出身の歴史上人物の銅像などがよく建っていますが、こちらは自社関連のキャラクター達が、自社PRや町興しに一役買っているという事でしょうか。

342-7 浅草バンダイキャラクター.jpg

浅草を訪れた外国人観光客や通りかかりの観光客も、みなカメラを向けていました。

342-8 浅草バンダイキャラクター.jpg

偉人の銅像も大切ですが、こんな "楽しいオブジェ" が街のあちこちや公共施設、様々なゆかりの地で見られれば、世の中もう少し平和になるのではないか−。そんなことを考えてしまいました。

[撮影データ]
  〇バンダイ本社前 展示キャラクター
  〇平成29年5月撮影

続きを読む
posted by 特急高尾号 at 00:18| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

No341 車内広告の世界(62) 平成29年5月


電車内の吊り広告や駅構内の広告ポスターは時代の空気を反映し、デザインやキャッチが最先端で見るものを飽きさせません。

そうした中から、毎月印象に残った作品を選んでお伝えしています。
今回は平成29年5月に出会ったポスターです。

341-1 29.5車内ポスター.gif

5月は春の競馬シーズン!。
全国各地の競馬場で、熱気ムンムンのレースが展開されたはずです。
ということで電車内も、とても賑やかでした。

こちらは春のメインレース、「日本ダービー」の広告です。
でも、競馬なのに馬がいない!、不思議な広告です。
誰もがご存知のタレントや俳優さんが、競馬や馬への想いを綴っています。ダービーの宣伝という直截的なものよりも、こうした機会に競馬に関心のない人にも関心を持ってもらい、競馬人口の増加に繋げたいという主催者の思いでしょうか。主役は馬なのに、馬がいない不思議な広告です。

341-2 29.5車内ポスター.gif

レースに出場する競走馬の、ファン投票のPRです。
6月25日に阪神競馬場で行われる宝塚記念レースに向けたファン投票で、「あなたの一票で、お気に入りの馬を宝塚記念に出走させましょう!」と呼びかけています。

参加するという思いに訴えるこうした広告の背景にも、競馬人口のつなぎ止め、いやいや競馬人口の増加願いが込められているものと思います。
何しろ、レジャーが多様化していますからね。

341-3 29.5車内ポスター.gif

同じ競馬でも、地方競馬では事情が異なるのでしょうか。 
"地方って、スゴい。"、“競馬が濃い 地方競馬”とあります。でも何か私には逆説的のようにも思え、馬の目が泣いているようにも見えました。
競馬を全くやらない、競馬の実状をよく知らない者の勘違いなら良いのですが…。

341-4 29.5車内ポスター.gif

「スマホもいいけど、仕事だぜ。」−。
キャッチに引かれてついつい見つめてしまいましたが、実はこれ、パチンコ業界の広告、"パチンコ必殺仕事人" のPR
でした。

341-5 29.5車内ポスター.gif

こちらは白地に文字だけのキャッチです。とても目立ちました。
結婚相談所サイトの広告です

341-6 29.5車内ポスター.gif

国内に公称827万世帯の信者を擁するとも言われる巨大宗教団体の、名誉会長の姿が電車内の吊り広告にありました。
月刊誌での連載対談の単行本化!
とあります。
近影ではないようですが、一般の人が目にする媒体での写真公開はほとんど見られないため、驚きをもって見つめてしまいました。

341-7 29.5車内ポスター.jpg

最後は首都圏私鉄の「有料座席指定列車」のネーミング投票の広告です。
旧国鉄時代から始まった夕方から夜間にかけてのホームライナー、有料座席指定列車はいまでは首都圏の私鉄各社でもすっかり定着し、ことしは西武、東京メトロ、東急、横浜高速鉄道でも新たに運転が開始され、来春には京王線でも始まるということです。

電鉄会社は有料でも着席ニーズがあり、有料列車はこれに応えるサービスだとしていますが、実際のところは新たな収入源確保というところが本音のようです。
"あの手この手" の取り組みは、どの事業者にとっても共通命題のようです。

[撮影データ]
 〇首都圏鉄道 車内等広告
 〇平成29年5月撮影

続きを読む
posted by 特急高尾号 at 22:11| Comment(0) | 車内広告の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

No340 これも東京・浅草 私の印象


今回は、街並みウオッチャーの、東京・浅草の印象です。
浅草と言えば、まず雷門が頭に浮かびますが、最近は−。

338-2 浅草の印象 人力車  29.5.5.jpg

340-1 浅草の印象 人力車  29.5.5.jpg

ご覧のように、雷門前の道路は観光用の人力車でいっぱいです。
2、3年前までは、これほど多くはありませんでした。海外からの訪日観光客の増加に合わせ、人力車の人気もうなぎのぼりのようです。

雷門前では、いまではバスと同じように人力車の "停留所" も作られています。雷門を訪れる人が必ず目にする、浅草の新しい光景です。

338-3 浅草の印象 うんこビル  29.5.5.jpg

浅草を訪れた人が必ず目にする、もう一つの光景がこれです。
隅田川に架かる吾妻橋のたもとから見た光景です。その後方にはビール会社の高層ビルと、ビールの泡に見立てられたオブジェです。さらにその左後方には東京スカイツリーが見えます。

338-4 浅草の印象 うんこビル  29.5.5.gif

橋を渡れば、こんなアンバランスな、楽しい写真も撮れます。
オブジェの尻尾の後方はマンションです。様々な画角にチャレンジできる、絶好のポイントです。

338-5 浅草の印象    スカイツリー29.5.5.jpg

隅田川を上流方向に10分ほど歩くと、墨田公園があります。
ここではスカイツリーが王様です。周りに高いビルが無く、すらりと立つ堂々の雄姿に惚れ惚れと見入ってしまいます。

338-6 浅草の印象    スカイツリー29.5.5.jpg

展望台も幾何学的に見えます。
私のコンパクトデジカメの望遠ではこれが精いっぱいですが、絵柄としてはなかなか面白いでものが撮れました。

338-6-2 浅草の印象    スカイツリー29.5.5.gif

行先案内標とスカイツリーです。
ここでも、楽しい写材に恵まれました。若かりし頃アメリカニューヨークのマンハッタンを訪れた際、ハドソン川近辺でこうした光景によく似た景色に何回も遭遇した記憶が蘇りました。

338-7 浅草の印象 東武新特急  29.5.5.gif

『あれれっ、これは何だぁ−』とお思いかもしれません。
ことし4月に登場した、浅草と東武日光・鬼怒川や会津方面を結ぶ東武鉄道の新型特急「リバティ」です。

平安時代からの歴史を誇る浅草・浅草寺脇から発車する、日本の私鉄としては最新鋭の有料特急電車です。まるで宇宙船のような顔立ちです。

338-10 浅草の印象 古い本屋  29.5.5.jpg

338-9 浅草の印象 古い本屋  29.5.5.jpg

こちらは浅草・蔵前です。
江戸通り(国道6号線)沿いに、ビルに挟まれた超古い古本屋さんがあると聞いて訪れてみました。
双方をビルに挟まれたこの建物は築60年以上だという事です。まだまだ現役で、最近では浅草を訪れる観光客がわざわざ見学に来るという事です。

340-14 浅草の印象 古い本屋  29.5.5.jpg

この雰囲気に相応しく、江戸文化や相撲関連の古門書、錦絵などを多く扱っているます。

いろいろと見てきましたが、雷門や仲見世、浅草寺だけではない、どれもこれも平成時代の浅草の光景の一つ一つです。
時間のある時、浅草周辺を散策して見るのも一興です。

[撮影データ]*ご紹介順*
 〇東京・浅草 
   人力車:浅草雷門周辺
   ビール会社ビルと東京スカイツリー:隅田川吾妻橋端
   東京スカイツリーと隅田川:台東区立墨田公園 
   特急電車「リバティ」:東武鉄道浅草駅 
   築60年本屋:江戸通り(国道6号線)沿い
     台東区蔵前3丁目12  都バス蔵前駅前バス停近く   
 〇平成29年5月撮影

posted by 特急高尾号 at 15:20| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする