2011年04月23日

No38 空飛ぶ“アトム” 〜京都駅〜


漫画家の故手塚治虫さんの代表作はご存知「鉄腕アトム」ですが、そのアトムの誕生日が4月7日ということは、あまり知られていません。

私は大の手塚ファンなので、4月に入ったらこの写真をアップしようと、用意していました。

38-1 京都駅 22.11.12.jpg

ここはJR京都駅の正面です。
写真の右上、「鉄腕アトム」が空を飛んでいます。

古都京都で「アトムが…、なんで」と、最初は違和感を感じたのですが、実は京都駅ビル内にアトムグッズや書籍などを販売する「KYOTO手塚治虫ワールド」があるためだったのです。
直接、アトムのストーリーと、京都との関係はないと思いますが…。

38-2 京都駅 22.11.12.jpg




京都駅正面、

南北自由通路前で“空を飛んでいたアトム”です。













38-3  京都駅 22.11.12.jpg

ところがこの「KYOTO手塚治虫ワールド」、ことし、平成23年1月で閉館となってしまいました。
それにともない、この“空飛ぶアトム”や仲間たちはどうなってしまったのか、気になっています。

「KYOTO手塚治虫ワールド」は閉館になっても、いままでどおり道案内のシンボルとして空を飛んでくれているといいのですか…。

ことしの京都旅行の、私の宿題が一つ出来ました。

[撮影データ]
  〇JR京都駅 中央口正面
      平成22年11月12日撮影

posted by 特急高尾号 at 11:43| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

No37 東京・笹塚の中華そば屋さん

今回は、東京渋谷区笹塚の「十号坂」商店街にある中華そば屋さんです。

37-1 中華そば屋さん.jpg

ここは京王線笹塚駅から歩いて10分、甲州街道をわたり、水道道路を通り抜けた「十号坂」商店街の一番のはづれです。

ここに、ご覧のような味わい深い雰囲気を漂わせる、一軒の中華そば屋さんがあります。
まるで映画「always 三丁目の夕日」で描かれた、昭和の世界そのままのような雰囲気です。

37-2 中華そば屋さんの暖簾.jpg

すりガラスの玄関戸からは、中の様子を伺うことが出来ませんが、それがいっそう関心の気持ちを起こさせます。

周りの商店とは一線を画し、かたくなに“古風”を守っているかにも思えるこのお店、いったい中の雰囲気はどうなっているのだろうと思い、客になって中に入ったのですが、思ったとおり、テーブル、まる椅子、厨房、中華そばのどんぶりなどなど、全てが昭和30年代の雰囲気でした。

極めつけは、店の主人の風貌と、お味でした。

37-3 中華そば屋の暖簾.jpg

ご関心のある方は、ご自身の目と舌で、実際に探検をなさってください。
ただし、いわゆる雑誌を賑わす“美味いラーメン屋”などとは質を異にしていますので、その点は念のため。

[撮影データ]
  〇中華そば「福 壽」
       東京都渋谷区3丁目
    平成23年3月5日撮影

posted by 特急高尾号 at 12:42| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

No36 アイビーに身を包まれた街路樹


前回に続いて、グリーン、「アイビー」をまとった建物ならぬ、街路樹をご紹介します。

36-1 アイビーに包まれた街路樹 23..3.jpg

ここは東京府中市、京王線の東府中駅近くの甲州街道旧道の交差点脇です。


ご覧のように街路樹のイチョウに、アイビーがちゃっかりとまとわりついています。

何処にでもある光景かもしれませんが、大きな街路樹1本が丸々植物に包まれている光景は、私にとっては驚きです。




36-2 アイビーに身を包まれた街路樹 23.3.jpg
アイビーは、放っておけばどんどんと伸びていくということで、この先いったいどうなっていくのでしょうか。

アイビーに身を包まれたこの街路樹、近くにある「府中の森芸術劇場」のコンサートホールに足を運ぶ人たちの目を楽しませています。

[撮影データ]
 〇東京都府中市 京王線東府中駅改札を出て左方向1分
平成23年3月6日撮影

posted by 特急高尾号 at 12:18| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

No35 つたのからまるレストラン

東京の渋谷区、高級住宅街が並ぶ松涛にほど近い一角に、ごらんのような、緑をまとったお洒落なレストランがあります。

35-1 みどりのレストラン .jpg

35-2 みどりのレストラン.jpg

35-3 みどりのレストラン.jpg

みどりの正体は、「アイビー」です。
どこでも見ることが出来る、御馴染みのアイビーですが、建物全体を包み込んでいる姿には、びっくりします。

35-5 みどりのレストラン.jpg

35-4 みどりのレストラン.jpg

いつも立ち止まって見入ってしまうのですが、案の定このレストランは若いお客様に人気のようで、いつも賑わいをみせています。

通勤のいつもの路に、こうした和みがあると、“さあ、きょうも頑張るぞ”との思いが湧いてくるから、不思議です。

ひとは、緑から勇気と元気をもらう生き物なのかもしれませんね。

[撮影データ]
  〇“みどりのレストラン” 「ガレットリア」
      東京都渋谷区 京王井の頭線神泉駅下車
      松涛方面に歩いて5分
      撮影:平成23年3月15日ほか



posted by 特急高尾号 at 10:09| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする