2012年07月26日

N0103 鏡に添えられた「言葉」につい立ち止まり


103-1鏡 24.7.16.jpg

東京・JR新橋駅に隣接するビルの地下街で、全身が写る姿見が目に留まりました。

鏡にと言うより、その両側に書かれたメッセージに引っかかりました。
「あなたの姿勢を見てください」、「健康は姿勢から」と書かれています。

一見まともな内容に見えますが、「健康は姿勢から」のフレーズに引っかかったのは、こちらが健康を気にする年だからでしょうか。ついこの間、カイロプラクティックで、『あなたの腰痛は姿勢が悪いところから…』と指導されたからでしょうか。
なにやらこの文字が滑稽に思えて笑ってしまったのですが、その隣にはしっかりと指圧・マッサージの看板が…。なるほどと、納得したことでした。

都心のビルの、地下街での一駒でした。

[撮影データ]
   〇東京JR山手線 新橋駅近くビル地下街にて
   〇平成24年7月16日

posted by 特急高尾号 at 00:34| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

No102 都バスに“日の丸”


102-1 国旗を掲げた都バス 24.7.16.jpg
   ▽ 国旗を掲げた都バス          新宿西口 24.7.16 ▽

先日16日の「海の日」、国民の祝日ですが、東京都内を走る都バスに国旗が掲げられていました。

国民の祝日に国旗を掲げて祝う風習は戦前からのものだと思います。
戦後しばらくは、多くの一般家庭でも国旗を掲げていましたし、現在も僅かながら、続いている風習です。

102-2 国旗を掲げた都バス 24.7.16.jpg

東京の公営交通、都電、都バスの祝日の国旗掲出は、そうした流れがいまに伝えられている姿と見てよいのでしょう。
全国各地の公営交通でも、祝日には同じような光景が見られているかもしれません。

102-3 国旗を掲げた都電 23.10.10.jpg
  ▽ 国旗を掲げた東京の公営交通 都電  大塚 23.10.10 ▽

国家を象徴する造形がこんな身近なところにあろうとは…。
改めて感心した光景ではありました。

[撮影データ]
  〇国旗を掲げた都営バス  
         新宿駅西口にて  平成24年7月16日撮影
    〇国旗を掲げた都電 
     都電荒川線 大塚駅 平成23年10月10日撮影

posted by 特急高尾号 at 00:57| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

No101 オーケストラと聴衆の交流


101-1 オーケストライベント 24.7.1.jpg

先日、読売交響楽団のコンサート、「読響フェスタ」に出かけた時のことです。
この日のプログラムは、「下野竜也による『運命』徹底解剖!」ということだったのですが、なんと開演前のロビーで楽団員が、お客様の指揮による実際の演奏、交流を行っていました。

101-2 オーケストライベント 24.7.1.jpg

「『運命』の指揮をしてみませんか」との呼びかけにお客様が例の《じゃじゃじゃじゃ〜ん》という『運命』の冒頭のフレーズを即興で指揮すると、本物の読売交響楽団員がその指揮に合わせて実際に演奏してくれるのですから、音楽ファンにとってはたまりません。

101-3 オーケストライベント 24.7.1.jpg

次から次へと希望者が続出し、ロビーは素人指揮者とプロ演奏家のコラボによる絶妙な《じゃじゃじゃじゃ〜ん》が鳴り響いていました。

101-4 オーケストライベント 24.7.1.jpg

クラッシックといえば敷居が、格調が高い、楽団員もプライドが高いと思われがちですが、最近はCDの有料販売だけでなく、こうした無償の交流、ファンサービスも始まっていることを知り、びっくりしました。

若者のクラッシック離れ、観客数の伸び悩み、厳しい経営状況がなせる業なのでしょうか。
一般のお客様が『運命』の一部を指揮するこのイベント、純粋なファンサービスであれ、リピーターや新規顧客開拓の目的であれ、いずれにしても楽しい、素晴らしい催しでした。
こうした観客目線の取り組みが、クラッシックファン層の拡大に繋がっていけばいいなぁと、ついつい見入ってしまいました。

101-5 オーケストライベント 24.7.1.jpg

そういえば格式だけでなく、高かった入場料金も最近は値下げ傾向にあります。
オーケストラの経営は厳しい状況にあると伝えられていますが、音色だけは錆びることなく、輝き続けて欲しいと思ったことでした。


[撮影データ]
  〇「読響フェスタ」 下野竜也による『運命』徹底解剖! コンサート会場でのイベント
  〇平成24年7月1日撮影 東京・初台 東京オペラシティコンサートホール

posted by 特急高尾号 at 22:10| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

No100 車内 吊り広告の世界(3)


“車内 吊り広告の世界”、 3回目は6月の電車内で目に留まったものをご紹介します。

100-1 車内ポスター 24.6..jpg

「みんなの手で公共交通を育んでいこう」と、「私鉄総連」が呼びかけるポスターです。

このポスターを車内で見つけ、「私鉄総連」の文字に驚きと、ある種の懐かしさを覚えました。

「私鉄総連」とは、正式には日本私鉄労働組合総連合会のことで、JRを除く日本の私鉄やバス事業者の労働組合全国組織です。

「私鉄総連」といえば、私達年配の世代には、昭和40年代の春期賃金闘争、いわゆる春闘を思い出します。
当時は賃上げや労働条件の改善要求で、私鉄や私鉄系路線バスが毎年のように24時間ストライキを行っていました。最盛期にはストライキが2日、3日と続くこともありました。今日の若い世代の人には信じられないことと思います。
その中核が私鉄各社の労働組合であり、全国的な取りまとめが「私鉄総連」だったのです。

その「私鉄総連」が、一見経営側と見間違えるような内容の車内ポスターを掲出していることに、時代の流れを感じ、驚き、見入ってしまったポスターでした。

100-2 ビールの車内ポスター 24.6.jpg

ビールの「アサヒスーパードライ」の広告です。
月に一度、工場出荷から3日以内に消費者にビールを届けるという特別な販売期間の宣伝です。
ポスターによると、毎月1回こうした販売を行っているということで、発売日までも指定しています。

いかにも美味しそうなビールですが、こうしたことが出来るのなら、もっと回数を増やしたり、そうしたビールが飲めるスポットも用意して欲しいなぁ…と、ビール大好き人間としてポスターを見上げたことでした。

100^3 カップ麺ポスター 24.6.jpg

カップ麺の広告です。
商品名そのものが、ドンと踊っています。存在感がある作品でした。

100-4 東京スカイツリーポスター 24.6.jpg

5月に開業した東京スカイツリーが公共交通機関でお越しくださいと呼びかけるポスターです。
キャラクターが可愛いく、それなりに印象に残るものでした。

来月も楽しみです。


[撮影データ]
  〇24年6月 首都圏鉄道車内の吊り広告を撮影


posted by 特急高尾号 at 09:47| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする