2012年11月30日

No120 車内広告の世界(8)


11月は5点のポスターをご覧頂きます。

120-1 車内ポスター 214.11.jpg

東京ディズニーリゾートの広告です。
11月中にディズニーパークで撮った思い出写真を投稿すると、12月23日から25日に放送予定のスペシャルTVCMで、写真を放映するというものです。
結構長い期間掲出されていました。どんなコマーシャルになるのか、楽しみです。

120-2 車内ポスター 24.11.jpg

こちらは、なんとNHKの番組コマーシャルです。
爆笑問題が出演する総合テレビの人気番組、「探検バクモン」のスペシャル版の放送PRです。
民放のスペシャルドラマなどの広告はよく目にしますが、NHKとは…。やはり視聴率が気になるのでしょうか。

120- 3 車内ポスター 24.11.jpg

「東京都民があまり知らない…」というキャッチコピーに、乗客の大半の東京都民は、“うぅんっ”とくすぐられます。実に上手いキャッチは、実は東京都庭園美術舘の宣伝でもなく…、

120-4 車内ポスター 24.11.jpg

良く見ると、山梨県富士河口湖町にある「河口湖 オルゴールの森美術舘」の宣伝です。
東京都民が、東京都にある庭園美術舘を知らない…と一見思わせつつ、実は山梨県のオルゴール美術舘のアピールを行っているという、かなり高度な、上手い宣伝で脱帽してしまいました。しかも文字だけでアピール出来ているのですから凄い…。

120-5 車内ポスター 24.11.jpg

秋11月は競馬シーズンです。
東京競馬場で行われたJapanCupの広告です。
配色と配置が個性的で、混雑の通勤時間帯の中でも存在感を発揮していました。

120-6 車内ポスター 24.11.jpg

11月の最後はパチンコ店の広告です。
パチンコ店の作品はいつも奇抜で独特、個性的です。
今回のものは、何か少し怖いくらいですね。

[撮影データ]
    〇首都圏鉄道の車内吊り広告
  〇平成24年11月撮影


posted by 特急高尾号 at 23:23| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

No119 街中に「アトム」「火の鳥」が


東京のJR山手線と西武鉄道新宿線高田馬場駅の高架ガード下のそれぞれに、「鉄腕アトム」や「火の鳥」が飛んでいると言ったら、驚くでしょうか。

119-1 アトム壁画 24.7.7.jpg

119-2 アトム壁画 24.7.7.jpg

高田馬場駅ガード下の大壁画です。

新宿と池袋の中間に位置する高田馬場は、かつて「鉄腕アトム」の作者、手塚治虫さんの創作スタジオがあった場所です。
またアトムの生誕地として、原作にも描かれた所としても知られています。

それが縁で平成17年、地域住民や地元商店街が街の振興を願って、この“ガード下のアトム大壁画”を完成させたものです。
設置の具体的な経緯については、以下のように説明されています。

119-3 アトム壁画 24.7.7.jpg

119-4 アトム壁画 24.7.7.jpg

119-5 アトム壁画 24.7.7.jpg

「アトム」以外にも、手塚プロダクションの協力のもと、手塚さんの漫画を飾った面々が、リアルに描かれています。

119-6 アトム壁画 24.7.7.jpg

中には、こんな絵柄も。
御茶ノ水博士の右で机に向かってペンを振り上げているのは、そうです。漫画の制作に汗を書いている手塚治虫さん自身です。

119-7 アトム壁画 24.7.7.jpg

街中に、こんな素敵な壁画、絵画があるなんて、とても素晴らしいですね。
訪れた日も、カメラで熱心に“手塚壁画”を撮っている人達を見受けました。
手塚漫画のファンの方は、ぜひ一度高田馬場に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

山手線高田馬場駅ホームでは、テレビアニメ「鉄腕アトム」の主題歌が、電車の発車の度に鳴り響いています。駅ホーム下の大壁画の「アトム」は、どんな思いでこのメロディーを聴いているでしょうか。
「アトム」に一度、聞いてみたくなりました。

[撮影データ]
   〇JR山手線 西武新宿線 高田馬場駅高架下
   〇平成24年7月7日撮影

posted by 特急高尾号 at 01:24| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

No118 何とも壮観なこの光景


ご覧の光景は、自転車置き場を上から見たものです。

417-1 自転車置き場 24.10.31..jpg

ここは東京の立川、多摩都市モノレール立川南駅周辺です。

先日たまたまモノレールで通りかかり、車内から見つけたこの凄まじい光景にびっくりし、わざわざ途中下車して撮影しました。

417-2 自転車置き場 24.10.31.jpg

自転車置き場は全国各地に様々な形で設置されていると思いますが、、これだけの自転車が整然と並んでいる光景は、そうざらにはないと思います。

417-3 自転車置き場 24.10.31.jpg

整然と並べられた、というか、係員が並べたのかも知れないこの自転車。
日中時間帯で人影が全く見られないところを見ると、朝の通勤でここで自転車を預け、モノレールやJR線に乗り換えたものだと思います。
夜には、持ち主が三々五々と現れ、この自転車置き場は閑散、もぬけのカラとなるのでしょうか。

417-4 自転車置き場 24.10.31.jpg

列車内からこうした光景を見つけると、「やったぁ!」と、何か得をした気分になってしまう自分に思わずほくそ笑んでしまいました。

[撮影データ]
   〇自転車駐輪場  多摩都市モノレール「立川南」駅脇
   〇平成24年10月31日撮影

posted by 特急高尾号 at 22:10| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

No117 東京・亀戸の「看板建築」


東京江東区亀戸3丁目にある亀戸香取神社参道沿いの亀戸香取勝運商店街に、大正から昭和にかけて関東各地で見られたという、建物の前面に銅板やモルタルなどで洋風に装飾する「看板建築」を再現したレトロな商店が並んでいます。

417-1 香取勝運商店街 24.11.10.jpg

地元江東区が2008年、「観光レトロ商店街モデル事業」を公募、これに香取商店街が応募し、東京スカイツリーの観光客を呼び込もうと、商店街の目玉として再現したものです。

417-2 香取勝運商店街 24.11.10.jpg

商店街の一角には、青果店、花屋、美容院、味噌専門店などのお店が「看板建築」として軒を並べており、昭和30年代のレトロな雰囲気を楽しむことができます。
30店舗のうち半数が改修し、観光レトロ商店街を目指しているということです。

417-3 香取勝運商店街 24.11.10.jpg

417-4 香取勝運商店街 24.11.10.jpg

香取勝運商店街は東京スカイツリーの隣街ですので、近代的なスカイツリーを堪能した後、ぶらりと散歩がてらに昭和レトロを楽しむのも、また一興かもしれません。

417-5 香取勝運商店街 24.11.10.jpg

[撮影データ]
  〇東京・江東区 亀戸香取勝運商店街 「看板建築」
   アクセス JR総武線亀戸駅北口より徒歩5分 
          明治通りを蔵前橋通り方面へ
          亀戸4丁目交差点を渡り左折、10メートル先右側
        東京スカイツリーからも徒歩圏内
  〇平成24年11月10日撮影


posted by 特急高尾号 at 01:11| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

No116 思わず立ち止まったこの光景


東京のJR中央線、信濃町駅構内で出会った光景です。
一見、ふつうの売店のように見えますが、大きな紙に書かれた商品名の数々を見て、思わず立ち止まってしまいました。

116-1 売店 24.10.19..jpg

よく見ると、「缶切り」は分かるとして、「キャベツ切り」、「魚のウロコ取り」、「魚の骨抜き」などなど…。「うぅん、何これ」と唸ってしまいました。

116-2 売店 24.10.19.jpg

「ノドに刺さる前に 魚の骨抜き」、「リンゴの八ッ切り」とは、はたして一体どんなものなのでしょうか…。

116-4 売店 24.10.19.jpg


「ぎんなん割り」は容易にイメージできますが、あの手がかかる「栗の皮むき」の商品があるとは…。

116-3 売店 24.10.19.jpg


とどめは「舌みがき」「歯石ケズリ」…。

このお店、痒いところに手が届くというか、あったらいいなぁと思う商品の数々というか、意外性のある商品ばかりを取りそろえています。
きっと多くの人々のサイフの紐を少しばかり緩めさせ、そして大いに役に立っていることと思います。

東京のJR駅構内で見かけた、何とも楽しいお店ではありました。
それぞれの商品の撮影は、販売のお邪魔となるので、差し控えました。

[撮影データ]
  〇JR中央線信濃町駅構内
  〇平成24年10月19日撮影


posted by 特急高尾号 at 11:08| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする