2013年08月31日

No157 車内広告の世界(17)


車内広告の世界。

首都圏の鉄道車内で見つけた、面白い、斬新な、今の“時代”を感じさせる車内ポスターをご紹介していくシリーズです。
今回は、8月に見つけた楽しいポスターをご覧いただきます。

157-1.jpg

「総選挙」の文字が躍るポスターです。
AKB48の「総選挙」以来、この3文字をあちらこちらで見るようになりました、

157-2.jpg

国立科学博物館の特別展のポスターです。
NHKスペシャルの“博物館版”です。
NHKも、放送だけでなく、いろいろと番組をマルチユースしていますね。

157-3.jpg

ワイドなデザインが、大きな存在感を放っていました。
コーヒーの宣伝です。

157-4.jpg

京王線の多摩動物公園駅にある多摩動物公園の夜間開園のポスターです。
このポスターがこのように、満艦飾です。

157-5.jpg

多摩動物公園に行く電車の車内です。
なんと、この1種類のポスターだけで、埋め尽くされています。壮観でした。

157-6.jpg

いつもの、パチンコの宣伝です。

157-7.jpg

こちらはドコモのビデオの宣伝です。
ドカーンと、ざっくりと、大胆な配列が人目を惹きつける2例です。

8月は、なかなか収穫が多い月でした。

[撮影データ]
   〇首都圏鉄道車内の吊ポスター
   〇平成25年8月撮影

posted by 特急高尾号 at 15:49| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

No156 京の七夕 “舞妓茶屋”

156-1 舞妓さん 25.8.12.jpg

京都の舞妓さんと話ができたり、一緒に写真が撮れたらどんな感じだろう一。
そんな楽しい催しが、この夏、京都鴨川沿いにある先斗町歌舞練場で開かれ、京都を訪れている外国人も含めた多くの観光客で賑わいました。

156-2 舞妓さん 25.8.12.jpg

「京の七夕 舞妓茶屋」と名付けられたこの催し、前半は舞妓さんと身近に記念撮影したり、会話を楽しみます。

156-3 舞妓さん 25.8.12.jpg

素敵な舞妓さんと一緒に写真が撮れるとあって、人気抜群、皆さん、嬉しそうです。

156-4 舞妓さん 25.8.12.jpg

外国人の皆さんも、舞妓さんと写真が撮れる思わぬイベントに舞い上がっていました。

156-5 舞妓さん 25.8.12.jpg

一段落した後の後半は、京舞を、それこそ仮設の舞台ですが、間近で楽しみます。
期間中、1日3回の公演はいずれも満員御礼だったそうです。

「舞妓茶屋」のネーミング、楽しげなイラスト、手が届かないと思われる世界を身近にしたアイデア、これらが功を奏したのだと思いました。
外国人ならずとも、ラッキーな、そして京都ならではの楽しい、貴重なひと時でした。

私もツーショットを撮らせていただきましたが、鼻の下が長くなってしまいましたので、未公開としておきます(笑い)。

[撮影データ]
   ◯京都・先斗町 歌舞練場の“舞妓茶屋”
   ◯撮影データ 平成25年8月12日


posted by 特急高尾号 at 07:02| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

N0155 鴨川を彩った「京の七夕」


真夏の京都で今月3日から12日までの間、「京の七夕」と題した納涼大イベントが開催されました。

このうち御池から四条にかけた鴨川の川原では、闇間に幻想的な大スケールの映像と音楽が展開し、人びとを驚かせました。

155-1京都・鴨川 25.8.11 ..jpg

鴨川の護岸と川面に浮かぶのは、京都と大阪を結ぶ京阪電車です。
横長の迫力ある列車の映像が、対岸から観客のいるこちらに迫って来て、大きな歓声が上がりました。

155-2 京都・鴨川 25.8.11.jpg

楽しげな人びとの顔も、次々と登場しました。

小さい壁にスライド映像を投写したりするのは見たことがありますが、川の対岸から巨大なスケールで、しかも音楽付の動画を見たのは初めてです。

プロジェクションマッピングという技術で、専門会社と京阪電車の協力で実現したということです。この技術を使えば、野外映画鑑賞も可能という優れものでした。
旅先で、凄いものと対面しました。

155-3 京都・鴨川 25.8.11.jpg
 

「京の七夕」が行われた、三条大橋から御池方向を見た、鴨川右岸の全景です。


155-4 京都・鴨川 25.8.11.jpg

155-5 京都・鴨川 25.8.11.jpg

鴨川河畔は、竹かごの中に京焼き、清水焼き、それに京仏具の伝統を用いた風鈴を入れた風鈴灯や、竹と光の散策路などで彩られ、いつもとは違う世界に包まれていました。
地元の人たちはもちろんのこと、国内外からの観光客も思わぬ光の演出に、大いに盛り上がっていました。

地元の実行委員会の人たちのと取り組みが、暑い夏の旅人に、爽やかな涼風を与えてくれた京の夏の一コマでした。

[撮影データ]
  ◯京都 鴨川 御池〜四条右岸
  ◯平成25年8月11日撮影

posted by 特急高尾号 at 15:01| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

No154  京都 “日本一のスターバックス”


8月11日から13日にかけ、京都旅行を楽しみました。
京の旅で見聞きした驚きを、何回かに分けてご紹介します。

最初は京都市内のコーヒー店の話題です。
京都市内にはいくつものスターバックスコーヒー店がありますが、このうち“日本一のスタバ”と名乗れるような、素敵なお店が3店舗もあります。

154-1.jpg
        ▽ スターバックス「京都三条大橋店」 ▽

ここは京都を代表する鴨川です。

その鴨川にかかる三条大橋のたもとにある、スターバックス「京都三条大橋店」です。

ご覧のように、なんと鴨川の「床」でコーヒーが楽しめる、日本一の優雅な、素敵なコーヒー店です。
建物から、ベランダのように川面に突き出ている部分が、「床」と呼ばれる部分です。

154-2.jpg

154-3.jpg

「床」は鴨川沿いの料亭が、夏の間、特別に鴨川の上に「床」をしつらえて飲食を楽しむ古都京都の、優雅な夏の風物詩です。
白いテントの上の部分が、スターバックス「京都三条大橋店」の「床」です。
大文字の送り火や鴨川の涼風が楽しめる京都一の絶景ポイントで、特別料金なしで「床」でのコーヒーを味わえる、日本一のスタバです。

154-4.jpg

ちなみに夜の「京都三条大橋店」は、こんな感じです。

京都の夜のデートには、最高の舞台です。

154-5.jpg
        ▽ スターバックス「京都烏丸六角店」 ▽

こちらは京都市中京区、烏丸通り沿い、地下鉄烏丸御池駅から徒歩3分、池坊会館一階にある「京都烏丸六角店」です。

154-6.jpg

ここはなんと、本物のお寺さんを借景とした、京都ならではのスタバです。
ガラスの向こうに見えるのは、有名な六角堂です。

154-12.jpg

154-7.jpg

六角堂は紫雲山頂法寺と号され、開祖は聖徳太子、弘仁13年(822)年には嵯峨天皇の勅願所となり、本堂には国の重要文化財の羅沙門天立像も安置されています。

また店から眺める六角堂の礎石は臍石(へそいし)と言われ、古来からここが京都の中心にあたると言われてきました。

さらに本坊は池坊と呼ばれ、室町時代から今日に至るまで生け花の華道発祥の地、また池坊華道の拠点としても有名です。

154-8.jpg

朝7時から8時にかけての開店直後や、ライトアップされる夜間に訪れると、ここがスタバであることを忘れそうな、京都ならではの凛とした空気に包まれる、稀有なお店です。

154-13.jpg
       ▽ スターバックス「京都三条烏丸ビル店」 ▽

最後は「烏丸六角店」の斜め前、KDX京都烏丸ビル1階にある「京都三条烏丸ビル店」です。
このあたりの一角は、平安時代後期には皇族や有力貴族所有による高級邸宅街であったと、店の前にある碑に説明されています。

154-14.jpg

特に「京都三条烏丸ビル店」が入っている烏丸ビルの敷地からは、昭和の時代に行われた発掘調査で側溝も検出され、平安京全体の町割りを復元するにあたって、貴重な資料となったと言うことです

そのため三条界わい景観整備地区にも指定されており、由緒ある場所なのです。

「京都三条烏丸ビル店」は、院政時代の政治の中心地に想いを馳せつつコーヒーを味わえるという、歴史好きの人にとってはこの上もない、極上のコーヒースポットなのです。

154-9.jpg
        ▽ ベローチェ「京都駅前店」 ▽

一方こちらは、京都駅前です。

国際観光都市の駅前に、コーヒー1杯がなんと180円という、お値段が全国一リーズナブルなコーヒー店、「ベローチェ京都駅前店」があります。
まさに庶民の見方、店内はいつも超満員です。

154-10.jpg

ベローチェは東京銀座、博多駅前、仙台駅前など、全国各地の一等地に、大規模な店舗を展開していることで知られています。

154-11.jpg
         ▽ ドドールコーヒー「四条烏丸店」 ▽

チェーン店で、安いコーヒーでお馴染みのもう一つの雄、ドトールコーヒーも最近は値段はそのままに、内装や椅子の高級化を進め、快適性のアップを図っています。

コーヒー店も、差別化、個性化が求められているようです。

154-15.jpg

さて京都の街は観光客が多い分、喫茶店も多いのですが、他県から訪れると、スターバックスのようなチェーン店に限らず、羨ましいほどに素敵な、個性的な店が多いことに気づきます。

観光の合間に気に入ったコーヒー店を見つけ、再来の折りに再び訪れる―。
そんな楽しみも、旅の醍醐味ですね。

[撮影データ]
  〇京都市内 コーヒー店
     スターバックス 店舗検索はこちら
  〇平成25年8月11〜13日撮影



posted by 特急高尾号 at 15:04| Comment(1) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

No153 可愛らしいトイレ

当ブログ145でJR大分駅の素敵なトイレ出入り口をご紹介しましたが、今度はこんな可愛らしいトイレと出会いました。

153-1 トイレ 25.8.3.jpg

東京西部、多摩地区を走る京王電鉄動物公園線の多摩動物公園駅です。
先月31日に完成したばかりの新しいトイレは、子どもたちが喜ぶ動物たちのイラストでいっぱいです。

153-2 トイレ 25.8.3.jpg

この駅は多摩動物園の最寄り駅で、この秋には「京王れーるランド」も新装オープンします。
そのため一足早くトイレが新装オープンしたようです。

153-3 トイレ 25.8.3.jpg

153-4 トイレ 25.8.3.jpg

こんなに楽しいトイレの出入り口に出会ったのは、もちろん初めてです。

153-5 トイレ 25.8.3.jpg

トイレの中も動物たちでいっぱいでしたが、ここに出入りする動物公園線の電車も動物たちで満艦飾でした。

153-6 7201F 高幡不動.jpg

東京西部の、ちょっと楽しい話題でした。

[撮影データ]
  ○京王電鉄動物公園線 多摩動物公園駅トイレ
  ○平成25年8月3日撮影

posted by 特急高尾号 at 18:50| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする