2017年07月11日

No345 ドア上に注目! 地下鉄銀座線の大型モニター


345-3 銀座線車内情報モニター.jpg

東京の渋谷−銀座−浅草を結ぶ東京メトロ銀座線の車内です。ドア上にある、ビッグな情報モニターに出会いました・

ドアの上のモニターはふつう2画面ですが、この車両は3画面になっていました。
右の2画面が行き先や停車駅、駅ナンバーなどの運行情報、左の1画面が従来からの広告画面です。

運行情報の2画面は、別個のモニターが2つ並んでいるのですが、まるで1画面のように画像が連続して見えます。

345-2 銀座線車内情報モニター.jpg

こうすることで起点から終点までの全駅を、一部の駅を省略することなく一度に全部表示することが可能となりました。
都心を観光する外国人観光客にとっては、大変分かり易い親切画面、情報提供となっているようです。

345-4   銀座線渋谷駅 工事中 28.11.21 .jpg

東京メトロは、東京オリンピックまでに銀座線の各駅リニューアルを、またホームドアは来年度までの設置をすでに表明していますが、ドア上のこのビックな情報モニターも順次整備し、オリンピックに備えていくそうです。

345-1 銀座線車内情報モニター.jpg

首都圏の大手私鉄では、いまだ細長でLED文字だけの案内表示の車両も数多く走っていますが、この液晶モニター3画面の話しを鉄道会社で働く友人に話したところ、『東京メトロはいいよなぁ。全路線が都心を走り、ローカル線なんかなく、お金持ちだからなぁ…』 とぼやきの声が返ってきました。
  
乗客向けのドア上大型モニターのサービス強化策も、同業他社の担当者から見れば、垂涎の的に映るのかもしれません。

[撮影データ]
 〇東京メトロ銀座線 車内ドア上の液晶案内モニター
 〇平成29年5月・7月撮影

posted by 特急高尾号 at 00:22| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。