2017年08月05日

No348 木造・木質空間 都会の鉄道駅にも


348-1 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

東京のJR山手線五反田駅から蒲田駅までを結ぶ東急池上線に、ホーム駅舎や屋根、腰掛などの全てを木製にした駅があると聞き、繰り出してきました。


348-2 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

運転室直後でかぶりついていると、予想をはるかに上回る木造空間の駅が目に飛び込んできました。


348-3-2 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

五反田駅からわずか3駅、5分の距離にある「戸越銀座駅」です。
348-8 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

348-5 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

屋根から壁面、腰掛にいたるまで、ホーム全体が木造・木質空間に仕立てられています。


348-7 東急池上線戸越銀座駅 木造駅舎 29.7.19.jpg

ホームの改装は昨年12月に行われたということで、東京多摩地区の杉材がふんだんに使われています。

戸越銀座駅は戦前の昭和2年8月の開業ですが、それから90年が経過し、全く新しい都市のお洒落な木造・木質空間に生まれ変わりました。

348-9 京王高尾線高尾山口駅  29.7.13.jpg

こちらは東京多摩地区の京王高尾線高尾山口駅です。

平成21年にミシュランガイドブックの最高評価三ツ星を受けた高尾山の登山玄関駅です。

新宿から次々と特急電車がやってくるこの駅も、木質の空気感に包まれています。


348-10 京王高尾線高尾山口駅  29.7.13.jpg

改札内は、ここがまるで駅であることを忘れてしまいそうな、クラッシックコンサート会場にいるような雰囲気です。


近年は都市の公共施設、商業施設をはじめ、鉄道施設や観光特急列車内でも木造・木質空間が増え始めています。

このあと2020年には、東京のJR山の手線の新品川駅(仮称)や東京五輪のメインスタジアム新国立競技場も木質空間の世界で登場するということですから、今からとても楽しみです。


[撮影データ]

  〇東急池上線 戸越銀座駅

    京王高尾線 高尾山口駅

  〇平成29年7月


posted by 特急高尾号 at 11:08| Comment(0) | 街角アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。